まざふぁか

一瞬を

9月1日

肌寒いどころか上着を着込みたいほど寒い。この社会を生き抜くためには、論理的な思考をして、かつ情動を司る脳を鍛える必要がある。それによって抽象度が上がり、世界の幅が広がる。しなければならないことが減り、したいことが増える。それと、自分の欲望にだけお金をかけてきたが、これからは自分の投資と他人のためにお金を使っていきたい。おれは自分が好きだし、もっと自分を高めていきたいからだ。そして自分の目で、今よりももっと世界を捉えられるようになりたい。無知だとこの世界から搾取されてしまうし、何より苦しいから。

生きて行く上でゴール、目的の設定はとても大事である。でもそれがお金になるとエネルギーが湧いてこなくなる。お金は目的ではなく手段だから。こんな当たり前のことに気づかなかった。大企業に就職して安定、年収千万が目標だと生きる意味が見出せなくなってしまう。まずは自分が何をやりたいかを明確にしてから全て始まる。これが今まで掴めそうで掴めなかった。あとから自然とお金はついてくると思う。本を読むと世界が広がる。本はテレビやネットと違って身になる。テレビやyoutubeはほとんど全てが見終わった後すぐに頭の外へ流れて行く。次の日になると忘れている。ぼーっとしてるだけで楽しめるからだと思う。本は思考しなければ身にならない。本を読むと日常でも思考できるようになる。本当に目の前の世界が変わっていると実感できる。まだ古典や学問の原書の翻訳などは、読むのに時間がかかるし、頭の中で内容を組み耐えられないけど、少しずつ読めるようになりたい。1日1冊程度興味のある本は片っ端から読んでいきたい。