読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記

僕らが生まれた時代にはすでにインターネットが存在していた。僕が生まれるよりも前から生きていた人は今では考えられないような苦労をしていたと思う。年々便利な世の中になっていっていると感じる。当たり前だけど、これは経験して比較しないと絶対にわからない。カメラだって今はスマホで高画質な写真が撮れる。当たり前のように。今日初めてインスタントのフィルムカメラを買った。物心つく前に親が僕や家族の写真をインスタントカメラで撮っていたらしい。今のように高画質ではない写真が残っている。でもなんか温かみといったらいいのかそんな写真があった。デジタルカメラで撮った写真に比べてすこし懐かしい感覚に浸ることができた気がする。今日初めて物理的なカシャっといった音を、フィルムを巻き上げる音を聞いた気がする。初めて一枚を大事に取った気がする。なんともないことなのに、なぜかとても楽しかった。日常の些細な移り変わりに敏感になることはたぶん悪いことではない気がする。