映画 感想

「リリイシュシュのすべて」

女優の忽那汐里さんがお気に入りの映画だということで気になって見てみた。

役者が若く最初誰だかわからなくてエンディングでこの人出てたのかという感じだった。

ノスタルジックで懐かしい描写で今よりも好きな風景がたくさんあった。

都会にいるからかもしれない。田舎に行けばこのような世界がまだたくさん残っているだろう。

登場人物の中で幸せそうに見える人がいなかった。みんな内側に何か抱えている気がした。現実以上に残酷な気がした。当然ハッピーエンドではない。

今はこの世界よりも閉塞的な世の中なのではと思った。

ときが経てばこれもこれで青春といえば青春と思うのだろうか。

日記

久しぶりに勉強を開始。もうこれ以上単位を落としたくないですわ。シャープペンを持ったのも久しぶりのために字を書くのがぎこちなくなっていた。経済は大人になってから必要なので勉強しといて損はないだろう。原発についてのレポートを英語で書いていたのだがとても興味を持った。使用済み核の処理について、また原発に取って代わる新エネルギーの開発を研究してみたくなった。昼にはジムへ。今日はレッグデーのため足が重い。もっとご飯食べないと痩せてく一方だ。スクワットの目標は70キロ。足というより肩に異常に負荷がかかった気がする。それとどうしようもなく絶望に襲われるときがあるが人のために何かする意識を持つのがいいそうだ。相変わらず人が多い。少なすぎても嫌だが多すぎるとうんざりする。すべて中庸だわやっぱ。

日記

パチンコスロットに行った。友達が最近ほぼ毎日打ってるそうで教えてもらった。初めてだったためウキウキしていたが、音がうるさいのとタバコ臭さ、やってる人のなんとも言えないオーラで直感的に来たことを後悔した気がする。大当たりすることなく3000円が吸い取られていった。お店から出た瞬間まるで街全体から音が消えたように感じた。負けて良かったのか僕にはあんまり向いてなさそうな。費やす時間がもったいないような気がするから当分行くことはないだろうと思う。

日記

久しぶりに学校へいった気がする。普通に学生がいた。最近、筋トレに夢中でオナ禁も1日だが継続中なので体内にセロトニンがたくさん分泌されているように感じる。以前に比べて回りの視線が気にならなくなった気がする。最近よくなったね、明るくなったねって言われるということは社会に適応してきてるのではないかと。嬉しいのだが何か大事なものを失う気がしてもどかしい。

日記

ラーメンを夜中に食べたら塩分過多になるかが気になっている。米を食べたら糖尿病になるのではと恐れている。切実に太りたいと言ったらバイトの社員にバカにしてるのかと怒られた。人によって悩みは嫉妬にもなる。もうどうしたらいいのかね。。