9月12日

時間を売ってお金を稼ぐ毎日に嫌気がさす

流行の後ろにはそれを決める人がいる

誰が同じ服装にしろと言った

俺は体制に従わない

俺には俺のスタイルがあるからそれを追求するのである

誰かが何かをしてくれるのを待つのではなく自分で考えて自分で行動すること

自然は理に従えば無条件に包み込んでくれると俺は信じている

祈る

9月10日

最高だと思えば なんども喜べた

闇の中怯えた 今日も月が照らす

言いたいこと 形にして伝える

誰も止まらない この街に曲がる時

いつもありのまま  いつもありのまま

道は天によって決められて

根っこが天に繋がっている限り

自由であると言っている

それを信じていれば

人は

無限である

真ん前のスマホ

夜を照らす電気も

駅に溢れる人々も

すべて天の下にある

 

 

9月8日

死にたくなってくる。死にたくなってくる。本当の幸せを求めているからなのか。その理想と今の現実との差に死にたくなってくる。ありのままのおれでいたいだけなのだ。藁にもすがる思いがある。このまま死んでたまるか。おれはおれだ。他の誰でもなくただおれだ。好きなことをやる。覚悟を決める。這いつくばってでもやり通す。それだけの覚悟を決める。おれの道を行く。おれにしか見えない道を行く。

おれの剣を磨く。誰がなにを言おうがおれの勝手だ。俺が俺で俺の言葉で俺の行動で俺自身を創り上げる。このまま死んでたまるか。這いつくばってでも俺は俺のやり方で生きていく。

 

8月30日

平日の明け方に早起きすることができて、ふと、山に登ろうと思い丹沢へ行ってきた。山へ入り、標高をかせぐに連れてたちこめる霧が濃くなり、幻想的な光景に出会うことができた。張り付くからとあれほど苦手だった蜘蛛の巣が、霧でスプレーされたようで日の光を反射させ、透き通って見えた。山頂で湯を沸かし、ほうばるカップラーメンが疲れに塩っ気も相まってすごく美味しかった。また行けたら行こう。

 

こんな些細なことを、なぜ俺は書いてるのだろう。誰かに見られるわけでもないのに。自己の表現として、書くことが好きなのか。あとで見返すと、あの時はこんなことを考えていたのかと振り返る。金になるから、みんなに見せたいからという気持ちが混じると見えが入ってしまう気がして。本当に素そのものだから下ネタも夢もすべてをぶっ込んでいるから人に見られることが恥ずかしい。じゃあブログやるなよってことになるが、そんな中でも誰かに自分の文章を見られるかもしれないということに対する少しの期待があるのである。

 

満喫のアルバイトの女の子は声がガラガラだ。まだ未成年なのに、といってももう二十歳になるらしいが、酒もタバコも長いそうだ。自分は二つのことを同時にできないからと、高校を中退したそうだ。言動が一貫していてカッコよさすら感じる。またちょっと大人っぽさを演出しているところが妙に可愛げがある。おっぱいがでかくそっちに目がいってしまうことがちらほらある。

 

みんなそれぞれの人生。なんて尊いのだろうか。何を思うのだろうか。生きてきた時代の違う人とも言葉を通してコミュニケートできる。それぞれが抱く想いは違うとも、話すことができる。そこになにかしらの共感を抱くと嬉しいものだ。明日も生きていれば何かしら起こるのだろう。

 

ガスが止まった。そういえば、金を払っていなかった。シャワーが水、そして今日はなぜか水温が冷たい。そうだ、キンタマはたまには冷やすといいらしいからちょうどいいのかも。金払わないと水も止まるのか。そりゃ消毒とかしてる人もいるしな。みんな働いているからこんな便利な生活がおくれるわけでその対価としてお金を払うのは当然じゃないかってことか。そのお金を稼ぐために、毎日働くわけか。なるほどと。うまいことできてるじゃないか社会はなんて偉そうなことを言ってみる。